読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痔ろうになりまして。。。

痔ろうが発覚し、手術、通院、完治までの記録を残しておこうかと思っております。

【序章】初診②

2月21日

 

そして、午後になり再度病院に向かう。

自転車で。。。

またしても、かなり待たされ

やっと呼ばれた。

 

処置は痛くないかな。。。?

でも、早くなんとかして欲しいという

気持ちの方が勝っておりました。


入った診察室はベッドが3つ並んでいて

(更に奥にもあったかな?)
ベッド間はカーテンのような仕切りで

覆われていた。

隣のベッド近!!!仕切り薄!!!

と思いながらも
ズボンと下着脱いで
タオルを腰に掛けて横になって待つ。

少し経って午前の先生とは

雰囲気が違う先生が登場。

 

どうも患部に麻酔を打って

切開するらしい。。。

 

ドキドキしてたら麻酔の注射を打たれた

注射を刺された時は

たぶん痛かったような気がしたけど

その後の切開の痛さを考えると

大したことはないような。。。

※痛すぎて記憶が曖昧です(;´д`)

 

だって。。。切開されている間の私

「ぎゃああああああああああああああああああああああああ!麻酔打ってるんだよね?効いてなくね?超絶痛いんだけおおおおお!!!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!」

という感じでした。

(思い出しただけでも恐ろしい)

院内に声響き渡ってたんじゃないかな?

(;^_^A

 

終了後、大量の汗をかき数分間呆然。

 

切開した場所に

分厚いガーゼを被せられテーピング。

これで、どうやって排便すれば。。。

と思っていたら

「排便後、汚れたらご自分で

ガーゼ取り替えてください。」

との事でした。。。( ̄Д ̄;;

もちろんシャワー1日NG。

 翌日傷の様子をみたいので

また来てくださいとの事。

 

痛み止めと化膿止めの薬を処方される。

 

ただケツの腫れは治まり痛みは消えました。

そして、そのまま会社に戻りました。

自転車で。。。

※これ今考えるとダメだよね?

この病院何も言わなかったよ(;´д`)

 

【序章】初診①

2月21日

 

午前中、仕事を抜け出し

肛門科のある病院へ行く。

自転車で。。。(ケツ痛いのに)

 

その病院は

大きなビルに入っているだけあり

院内はとってもキレイ。

まず受付。初診であることを伝えると

「どういった症状ですか?」と聞かれ

「痔です。。。」と答える。

(´・ω・`)

 

人気の病院なのか?

かなり待たされ、やっと名前を呼ばれた。

最初に診て頂いた先生は

優しい感じのおじさんでした。

 

ズボンと下着をズリ下げ

ケツの穴に器具を挿し込まれる。

痛い!!

その器具からケツの穴をのぞかれる。

恥ずかしいよりも

痛い!!!

 

どうも膿がたまっているらしい。。。

(その時はそれが恐ろしい事だとは知らず)

 

処置が必要らしく午後また来てほしいとの事。

午後の先生はまた替わると伝えられた。

 

そして、一旦会社に戻った。

自転車で。。。(ケツ痛いのに)

 

 

【序章】再発

2017年 2月20日

 

再発!!

肛門が腫れる!!!

((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

さすがに病院に行こうと決心!(怖)

前回と違い歩くと腰が痛い。。。

 

肛門科のある病院を探すも

職場の近くには全くなかった。。。

自転車で行ける距離で探してみる。

とりあえず良い場所で

開業している病院に行くことを決める!

 

この時はまだ痔ろうという言葉知らず

大した事ないと考えてました。。。

 

 

 

 

 

【序章】症状が出る

2016年12月末

 

夜、風呂に入っている時

肛門の違和感を感じる。

触ってみると

肛門の左側が腫れている事に気づく。。。

ウソ━━Σ(-`Д´-;)━━ン!!

 

怖いので見て見ぬふり。。。

とりあえず、そのままにしておく。。。

 

2日後に腫れが引いている為

普段通りの生活を送る。

今考えるとパンツに膿が

べっとり付いてたのかも。。。

自分の脱いだパンツなんて見ませんから。。。

この時に病院に行くべきでした!

 

また再発するとは思わず。。。

痔ろうになりました。。。

はじめまして。

勇痔郎です。

痔ろうになりました。。。。

 

ヽ( ・_ゝ・(つc_・、)ゝ元気だしなよ

 

手術も決めております。

長い人生の中の数ヶ月の出来事だと思って

完治するまでの日記を残していきたいと思います。

 

よろしくお願いいたします。