読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痔ろうになりまして。。。

痔ろうが発覚し、手術、通院、完治までの記録を残しておこうかと思っております。

【第1章】専門病院へ②

 2月25日

 

名前呼ばれ問診室にはいる。

他の病院で切開して

膿を出していることを伝え

現状を診てもらう。

 

またガーゼをはがされ

ケツの中を覗かれる。。。

もう好きにして( ;∀;)

 

まだ炎症が残ってるらしい。

再度切開するとの事。。。

え〜あんな痛い思いして

まだ残ってるって事?

ウソ━━Σ(-`Д´-;)━━ン!!

 

この病院来て良かった!!

来てなかったら絶対近く

再発してたじゃん。

怖すぎ。。。

※前の病院の診察券は捨てました。

二度と行かん!

 

ただ、あの痛みリターンを考えると

少し放心状態。。。

処置する前に血液検査やら色々するらしい。

これも前の病院ではせず切開しただけ。

 

その後指示に従い

血圧、血液採取、心電図など検査を行う。

そして専門病院ならではの機器?

ケツの中に親指くらいの機器を

入れて痔ろうの状態を確認。

上下左右と動いて

これには思わずウッと

少し声が出ました。。。(-_-;)

 

特に大した事言われなかったのは

そんなに酷くはなかったのかな(・ω・)

だと良いけど。。。

 

そして、ドキドキしながら待ち

切開の時間。。。

処置室に入り

ベッドの上でケツを出して横になる。

ドキドキ。。。

あの時の痛みがフラッシュバックする。

((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

麻酔を打たれ、再度切られる。。。

切られる感触が気持ち悪。。。

 

が、全く痛くはなかった。(^ν^)

先生は一度切ってるからではないかとの事。

 

ケツの穴に痛み止めの坐薬を突っ込まれる。

これのおかげか麻酔の効果無くなっても

全く痛くはなかったです。

 

ちなみに前の病院で

切開した次の日に麻酔無しで

傷を針みたいのでグリグリされた事を話すと

それは痛いよね。。。との事。

 

月曜に傷の状態を診るので

また来て欲しいとの事で予約をとる。

順番が少し早まるらしい。

 

切開後やはりガーゼを付けられたが

排便の際はとってもいいらしい。

嬉しい言葉(´∀`*)

翌日からは女性の生理用ナプキンを

を推奨される。。。( ;∀;)

まあそっちの方が良いけどね。。。

 

痛み止と化膿止めを改めて処方され終了。